英会話聞き流し体験

スピードラーニング英語をiPhone・スマホで聞き流すだけで英語力アップ!英会話上達のコツも掲載中!

英語多読により英語脳を造る!「英語は訳さず学べ!」by苫米地英人


苫米地英人さんの「英語は訳さず学べ!」を読んでみました。

本書は、大量の英語を読むことで、英語脳を作る方法について書かれた本です。

大事なのは何者であるか

管理人が、英語を学ぶ大学生だったころ読んでいた本に、こんな風なことが書いてあり、ずっと管理人の心に残っています。

ちょっとうろ覚えではありますが、確か、

「英語を話せることが大事なのではない、英語で何を話すのかが大事なのだ。」

ということです。

英語を学ぶ目的というのは、様々あると思いますが、いずれもコミュニケーションを目的としたものに変わりはありません。

そして、深くコミュニケーションを結ぼうとした時、問題なのは、その人が何語をしゃべっているか、ということではなく、その人がどういう人物か、ということです。

では、どうやって、相手の人物を判断したらいいのでしょうか?

それは、それこそ、自分が教養を身につけるしかないと思うのです。

相手がどんな人物であるかを判断できるだけの教養を。

英語で教養を身につける

で、本書の話しになってくるのですが、本書では、英語脳を作るために、英語の古典を読むことを勧めています。

ダーウィンの「種の起源」、アダム・スミスの「国富論」などです。

こういった古典を英語で、読め、というのです。

正直、わたしも日本語ではかなり本を読む方ですが、日本語の「種の起源」や「国富論」を読め、と言われたら、えーっ!いやだー!と、思ってしまいます。

訳書は時々、訳がわからないからです。

確かにこうした古典は、英語脳があれば、英語で直接読む方が理解しやすいと思います。

本書には、読みやすい古典をいくつかピックアップしてあるので、それを参考に読むといいようです。

日本で、経済学者でもないのに、「国富論」の原典を読んでるビジネスマンは少ないでしょう。

それだけに、読むだけで、一歩アドバンテージがあるように思います。

Kindle、iPad、iPhoneを駆使!

さて、ただいきなり「国富論」を原典で読め、と言われても、たいていの人は困惑するでしょう。

本書には、どうやったら、「国富論」が読めるだけの英語力がつくか、という方法が掲載されています。

方法としては、Kindle、iPad、iPhoneを使って、英語を多読していきます。

興味のある方は、是非挑戦してみてください。

管理人も目に優しいKindleが欲しいです。

▼ 楽天ブックス >>>英語は訳さず学べ!