英会話聞き流し体験

スピードラーニング英語をiPhone・スマホで聞き流すだけで英語力アップ!英会話上達のコツも掲載中!

英会話上達のコツ/極意その7:英会話のシャワーを続ける技術

英会話のシャワーを浴び続けるために

さて、ここまで読んでいただくと、英会話教材CDを流して、英語をシャワーのように浴びることで、英会話に触れる時間を増やし、英会話を攻略することが出来る、という基本的な方法については、わかっていただけた、と思います。

次に、問題になってくるのは、いかにして、この英会話教材のシャワーを浴びることを続けるか、ということです。

続ける技術

実は、何かを続けるために根性ではなく、技術を使う、ということを書いた本があります。

それが、石田淳さんの「「続ける」技術」という本です。

詳細は、この本を読んでいただけたら、と思いますが、この本を参考に、いかにして、英会話のシャワーを浴びることを続けるか、ということを考えていきたいと思います。

ターゲット行動は英会話のシャワーを浴びる

まず、物事を続けたいと思っている行動を確認します。

これをターゲット行動と言いますが、この場合、「英会話のシャワーを浴びること」です。

ターゲット行動は、増やしたいと考えている「不足行動」と、減らしたいと考えている「過剰行動」に分類されます。

「英会話のシャワーを浴びること」を増やしたいのですから、これは、不足行動ですね。

行動のヘルプを作る

ターゲット行動の発生を増やすには、3つのポイントがあります。

一つめは、行動のヘルプ(補助)を作ること。

ちょっと石田さんのおっしゃる「行動のヘルプ」とは意味は違うかもしれませんが・・・「英会話のシャワーを浴びること」という行動を分解してみましょう。

英会話のシャワーを浴びるためには、英会話の教材CDをCDラジカセに入れて再生したり、iPodや、iPhoneに入れて再生しなくてはなりません。

つまり、「再生ボタンを押す」、この行動を増やしていけばよいのです。

行動したときのメリットを考える

次のポイントは、行動した時のメリットを考える。ここで、最初に設定した目標が意味を持ってきます。

たとえば「二ヶ月後の海外旅行までに英会話をマスターする」という目標であれば、行動することによって、二ヶ月後の海外旅行がより、快適なものになるわけです。

行動のハードルを低くする

そして、かなり重点を置きたいのが、三点目の、行動のハードルを低くすることです。

行動のハードルを低くするというのは、どういうことでしょうか。

たとえば、夕食を作る時に、英会話のCDを聞こうと思っても、CDラジカセは、寝室にあり、CDは、書斎にあったらどうでしょう。

「再生ボタンを押す」までに、まず、寝室へCDラジカセを取りに行き、書斎へCDを取りに行き、CDを取り出して、CDラジカセにセットしなくてはなりません。

急いでご飯を作りたい時など、もういいや、と思って、「再生ボタンを押す」ことはないでしょう。

これが、すでにキッチンに、CDラジカセが置いてあり、英会話教材のCDがすでにセットされている状態だと、ご飯を作り始める前に、「再生ボタンを押す」だけで、英会話CDを聞くことが出来ます。

例えば、会社へ電車で通勤している時に、英会話CDをiPhoneやiPodに録音して聞くことにしたとしましょう。

そもそも、iPhoneに英会話教材を録音してなければ、英会話を聞くことも出来ませんし、iPhoneをカバンに入れていなければ、何も聞けません。

電車の中で、「再生ボタンを押す」ためには、iPhoneやiPodに、英会話教材を録音し、通勤カバンに入れておくことが必要なわけです。

事前準備をしっかりと

このように、石田淳さんの「続ける技術」を応用して考えると、英会話のシャワーを浴びようと思ったら、すぐ「再生ボタンを押す」ことができるように、事前にお膳立てをしておくことで、「再生ボタンを押す」行動を増やすことができるはずなのです。

是非、トライしてみてください。

さて、次回からは、管理人が現在受講している、英会話のシャワーを浴びることが出来るCD教材の解説です。

日本語訳がCDに収録されているので、辞書をひく必要がないため、聞き流すことができ、英会話のシャワーを効率よく浴びることができます。

勉強嫌いな人は特に、要チェックです!

▼ 次の記事 >>>スピードラーニング英語、英会話教材8つの特徴:エスプリライン
▼ 前の記事 <<<英会話上達のコツ/極意その6:英語を聞き流して、英語のシャワーを浴びよう