英会話聞き流し体験

スピードラーニング英語をiPhone・スマホで聞き流すだけで英語力アップ!英会話上達のコツも掲載中!

英会話上達のコツ/極意その3:英語頭を作ろう!文法の違い

日本語と英語は文法が違う

日本語と英語は文法が違う。

これは、授業でたいてい習うことですから、ご記憶の方も多いと思います。

日本語は、述語が一番最後に来て、英語は、主語+述語+目的語が基本形ですよね。

バックグランドの思考方法が違う

しかし、ことは、文法の違いだけではありません。

言葉の構成が違うということは、思考法も違うということです。

こんなことをよく聞きませんか?

外国人の方からは、「日本人は結論を最後まで言わないのでよく分からない。」
日本人からは、「外国人ははっきり物を言いすぎる。」

これは、もう文化の違い、思考法の違いと言うしかありません。

個を主張する英語

たとえば、英語を学ぶ中で、わたしはディベートという討論を経験しましたが、これは、二手に分かれて、ある事柄を是か否かと、根拠を述べつつ激しく意見を戦わせます。

日本人の感覚から行くと、討論と言えど、そんなに激しく意見を戦わせるとけんかじゃないか、という印象を受けます。

しかし、英語圏では、「わたしはこう思う。」と、「I」で主張し、自分の意見を述べることが大切です。

また、そのように、子どもの頃から訓練を受けています。

みんな仲良く、共同体の日本語

一方、日本人の場合、聞けよ、察せよ、という文化が根底にあります。

なにごともあからさまに、言ってしまうことは、趣がないわけです。

だから、言いたいことがあっても、全てを言葉にしない。

わたしを主張しすぎるのは、傲慢だし、みんなと足並みを揃えて何かをすることが大事なわけです。

出る杭は打たれますし。

言葉の違いは文化の違い

そのように、文化の違いが文法にも表れているわけです。

日本語と英語はそれぞれ、正反対と言ってもいいくらい、個に対する考え方が違いますから、それをお互いに翻訳する、というのは、やはりどこかに無理が出てきます。

日本語を英語に直す、あるいは英語を日本語に直す、という訓練をしてもなかなか英語が話せるようにはならない、というのは、そのあたりに原因の一つがある、と自分は考えています。

では、一体どうしたら、その文化の違いを超えることが出来るのでしょうか。

英語で考える、英語頭を作る

日本語の文法を英語の文法に訳そうとするから、わけがわからなくなるし、反応も遅れます。

要は、英語で直接考えればいいのです。

  • 英語をしゃべる時は、英語で考える。
  • 英語を日本語に置き換えない、訳さない。
  • 英語は、英語のままで理解する。

これが出来るようになると、一気に英語がわかるようになってきます。

いわゆる「英語頭」を作ってしまうのです。

さらに、文法の他にもう一つ日本人の前にたちはだかる壁、言葉のリズムの問題について次回は書いてみたいと思います。


▼ 次の記事 >>>英会話上達のコツ/極意その4:英語耳を作ろう!言葉のリズムの違い
▼ 前の記事 <<<英会話上達のコツ/極意その2:なぜ英語が話せないの?